不眠症の解消と改善法TOP > 不眠症改善のポイントとは? > 寝苦しい夜の対策法について

寝苦しい夜はどうすればいい?

 
寝苦しい夜は、いつまでも布団のなかで煩悶して寝付けません。
寝苦しいといった場合、いくつかの原因があります。

 ・ 夏に室内の温度や湿度が高くて眠れない
 ・ 脂っこいものや、寝る直前に食べてしまって興奮している
 ・ ストレスが強く、嫌なことが頭から離れない

こういった不眠の原因が見えてきます。
寝苦しい夜の筆頭は、夏にむしむしして寝れないケースでしょう。最近では空調があるので、一晩中クーラーをつけて寝ているという人も少なくありません。いっぽうそれでは冷えすぎるということで、どうしても空調をつけらない人もいるでしょう。寝る前に室内の温度と湿度を調節しておいて、寝る直前あるは数時間後に切れるようにセットするわけですね。

夏の夜はどうして寝苦しいのでしょうか?
それは温度もさることながら、一番の元凶は高い湿度です。人間は、眠りに入る前に手足が暖かくなり、熱放散を行ないます。そして空気に触れて冷えた血液を体内に循環させることによって、体の深部の温度を下げているのです。

ところが寝る際に湿度が高いと、手足からうまく汗が蒸発していかず、いつまでもジメジメ湿ったままになります。人は、手足が熱くなったとき汗をかきます。そのときに発生する気化熱が手足の温度を下げていくのです。湿度が高いと、手足が湿ったままなので、蒸発せず、結果として体の深部の体温が下がらなくなり、寝付けないということになるわけです。

夏に寝苦しいときは、数時間後に切れるように空調をセットするのがオススメです。夏の適温は、室内が25〜27度。湿度が50パーセント。そうすると布団内は、温度が33度前後、湿度が50パーセントという快適環境になります。一部屋だけにクーラーをすると冷えすぎるので、少々高めにセットするか、あるいは別の部屋のクーラーをつけて間接的に冷やすといいでしょう。

そのほか寝苦しい夜は、足元に扇風機を当てるといいようです。
顔とか体ではなく、ヒザから下のすねとか足先に当てるのです。このとき直接当てたのでは体が冷えすぎるので、一番下の微風をいったん壁に当てて、跳ね返ってきた風を受けるようにします。風がきているのか、よく分からないくらいの風速でOKです。そうすると寝苦しい夜でも、効果的に足の湿度が下がって、体温も下がっていきます。

 


食事が原因で寝苦しい場合はどうでしょうか?
夕食は基本的には、和食中心にして脂っこいものを避けるようにします。ただしDHA(ドコサヘキサエン酸)を含む青背の魚は別です。てんぷらなどは気をつけましょう。また腹八分目を心掛け、寝る3時間前までに済ませることが不眠症解消のコツです。寝る直前にものを食べてしまうと、胃腸が消化に忙しくなってしまい、胃腸の温度が上昇します。そうなると、とても体温を下げて、眠りに入るどころではなくなってしまうのです。

ストレスが原因で夜に寝苦しいということもあります。
こういったときは、できるだけ嫌なことを考えないことが得策です。しかし羊が一匹・・・ひつじが二匹・・・というお決まりの方法では効果は期待できません。一説には英語でひつじは「シープ」といいますが、それは「スリープ」に発音が似ているので、外国では有効であると主張する人もいます。

いずれにしてもストレスが寝苦しさの原因であるときは、べつのもっと楽しいことを思い浮かべましょう。近い未来の人生設計であるとか、過去の楽しい思い出、あるいは大自然を想像するのでもいいでしょう。波の音、川のせせらぎ、森の木々がそよぐ音などには、α波を誘発し、人を癒したりリラックスさせる作用があります。そういった音が収録された安眠CDも発売されています。

いろいろな対策法をやってみて、それでも寝苦しいというときは、そっとベッドを抜け出してみましょう。ただし明かりはつけないように・・・。電気をつけると体が目覚めのサインだと錯覚して、メラトニンの分泌を抑制してしまう危険があります。そうなると、そのあとますます寝れなくなる危険があるので要注意です。イスにでも腰かけて、じっとしているか、暗やみのなかで体をゆっくり伸ばすストレッチをしてみましょう。腰をまわしてみたり、首をまわしてみたり・・・。そうしているうちに眠気が出てきて、きっと安眠・快眠ができるようになることでしょう。
不眠症を解消するための秘訣が書かれています↓
>> 不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法

  ( 不眠解消サプリはこちら