不眠症の解消と改善法TOP > 不眠症改善のポイントとは? > アルコールと不眠について〜眠りの質が落ちる危険

アルコールと不眠との関係は?

 
アルコールは不眠によく効く薬のようなイメージがありますが、実際はどうなのでしょうか?

アルコールつまりお酒を飲むと、ほろ酔い気分になり、眠くなってきます。これはお酒に体温を下げる作用があるからです。少量の酒ならば、アルコールは良い眠り薬になります。酒には、脳内にギャバという神経抑制物質を増やす働きがあります。これは興奮を静める役割があります。ですから神経が高ぶっている夜は、少量のお酒を飲むと寝付きやすくなるわけですね。

ただしアルコールが不眠に効くのは、少量であることが条件です
強いストレスを打ち消そうと思って、多くのお酒を飲んでしまうと、こんどは不眠症の原因となるのです。一杯で眠れていたものが、2杯3杯とだんだん増えていき、やがてアルコール依存症になってしまいかねません。これはお酒に体がなれて、耐性がついてくるからです。

こうなるとアルコールは不眠の原因となります。
アルコールを飲むと、約3時間後にアセトアルデヒドという毒素に分解されます。このとき交感神経が刺激されて、体温や脈拍が上昇します。これが夜中に目覚める要因となるのです。いったんは体温が下がって寝入りやすくなっても、途中から今度は体温が上昇してきて、かえって睡眠障害の元となるのです。ですから中途覚醒しないためには、晩酌をしてから3時間たってから寝ると良いでしょう。

またアルコールが不眠のきっかけになるわけは、脱水症状が起きて、夜中に膀胱に尿がたまり、トイレに行きたくなって起きてしまうからです。

そのほか大量のアルコールは、脳内の睡眠中枢をまひさせるため、深い眠りが取れなくなります。つまりレム睡眠ばかりが多くなって、成長ホルモンを分泌したり免疫力を高める時間帯であるノンレム睡眠が少なくなるのです。そのため夢を見ることが多くなり、病気にかかりやすくなります。

またアルコールに慣れていない人が、いきなり飲むと、かなりの刺激となります。これが交感神経を刺激して、一睡もできないことがあります。ナイトキャップが与える影響は、量によっても人によっても変わるわけですね。

このようにアルコールは不眠を解消する眠り薬にもなれば、度を越すと不眠症の原因ともなってしまう”諸刃の剣”なわけです。少量のお酒を毎晩飲んでいる人のほうが長生きするという統計もありますし、たしなむ程度ならお酒は”百薬の長”といえるでしょう。

ちなみに不眠に対しては睡眠薬が処方されますが、現在のベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤は、アルコールよりも安全だといわれています。あまりに不眠症状がひどいようでしたら、精神科や心療内科、睡眠障害のクリニックなどに赴いて、睡眠薬をもらってきたらどうでしょうか?そのほうがアルコールを大量に飲むより、ずっと健康的であり安全です。

アルコールを不眠解消法として頼りすぎると、アルコール依存症になってしまい、禁断症状を起こす元になるので、自分をコントロールすることが大切といえます。
不眠症を解消するための秘訣が書かれています↓
>> 不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法

  ( 不眠解消サプリはこちら